センターサークルのその向こう-サッカー小説-

パブーでまとめ読み
  1. HOME
  2. 連載作品
  3. サッカーコラム
  4. ガチャピンは渡伊してみたらどうだろう。

サッカーコラム

ガチャピンは渡伊してみたらどうだろう。

前々からポンキッキについて論じようとおm・・・・(以下自粛

嘘です嘘です。
パナクソニックの鈍足MFの方デス。

もう何年か前に<strong>「遠藤はもっと自分が中心になってリズムメークをするぐらいの意識変化が必要」</strong>なんてことを書いたんですが、いやぁ実際にそうなりやがったなぁと思います。

先日フクアリで千葉を応援していた時に何度も感じたこと。


「あせるなあせるな(汗)味方のあがりを待て」

「リズムを考えて!」


で、その後、代表戦を見てガチャ・・・じゃなくて遠藤の充実ぶりに改めて関心したわけ。プレスがかかっても慌てず、試合の流れや周りの動きを見てパスやポジショニングでリズムをコントロールできる。

例えば、中盤でプレス合戦になった時、ギリギリの所でパスが繋がるような状態になる。これはかなり危険で、運良く最前線まで繋がればいいが、あっぷあっぷした状態でチームが前掛かりになるので、一つの些細なミスでもないようなミスでカウンターを食らう可能性がある。バレーボールをトスやレシーブで繋いでいる時、皆が皆ギリギリの大勢でボールを受けて繋いでる絵を想像して貰えばわかりやすいかも。スピードはあるんだけど、危うい。運良くアタックまでいければいいけど、中途半端になって逆襲を受ける可能性の方が遥かに高い。

幸いサッカーにはパス数制限と言ったものは無いので、そういう時は一度落ち着いた方がいい。しかし、落ち着くといっても全員が足を止めれば良いわけもなく(笑)、言うなれば走り出してしまった車みたいなもんなので、ブレーキやハンドルを使ってゆっくり止まる必要がある。で、それができる選手というのは限られていて、そして遠藤は日本代表でそれを担っているわけですね。

チームのパス回しがあっぷあっぷいってる時に、遠藤はひょっこり顔を出して、敵も味方も異常な程のスピード感で動いてしまっている中、のらりくらりとボールを受けて、血走るような形相の相手のプレスをいなして、簡単なパスをポーンと出せる。そうすると、チームは落ち着く。
また、逆も可能で、チームがチンタラしているときにダイレクトパスでリズムの巻き上げができる。遠藤がいるとほんとホッとする。


これぞリズムメーク。
これは、ただ単にテクニックやパスセンスがあればできる芸当ではない。パスの精度、ボールコントロールとは違う別な能力が必要なんだと思います。ピッチをまるで真上から見たような視野と、そしてピッチ上にいる22人の動きを把握し、試合の流れを読む力。

遠藤と憲剛の差ってそこなんじゃないかと最近は感じています。憲剛だって上手いし、パスもつなげる。というより突破のパスやドリブルキープはたぶん憲剛の方が上手い。でも憲剛ってやっぱりボールを持ってナンボなんですよね。パスを散らすことは出来るけど、パススピードや角度、貰い方で何かを語り、メッセージを込め、チームをコントロールすることはまだできていない気がする。

そうそう。
そうなんです。
日本で1番初めにそれができるようになったMF。それは僕が愛してやまない名波浩。遠藤、すげー名波っぽくなってきたなーと思ったわけです。名波が代表から遠ざかり始めた頃、後継者は小野だと信じて疑わなかったんですが、彼はやはりどこかテクニックに溺れるタイプになってしまいましたね。老練なリズムメークがうまれない。憲剛も同じ。

遠藤自身も名波を意識しているんですよね。自分の目指すべき道の前を走っている人だという自覚があるらしい。引退前の最後の対戦で、自身は試合に出ていないにも関わらず、試合終了後すぐに名波に駆け寄って挨拶したらしい。

また、名波の引退に寄せてコメントを送っています。

<strong>「勝たなきゃいけないのに、名波さんと対戦するのが楽しみで仕方なかった。タッチが繊細で、テクニカルで、すごいなぁなんて試合中に見惚れたり。一度で良いから、一緒に代表でボランチを組んでみたかったです。名波さんと組んだら、どんなに楽しいサッカーができるだろう、相手はどれほど嫌だろうなといつも想像するんです。かなわなかったのが残念で仕方ありません」</strong>


な、泣かせるコメントだ・・・orz

遠藤は、名波以降最も名波に近づいている選手だと思います。
が!まだ名波を越えてはいない!
と、思います(笑)
根拠は二つ。



1.遊びのあるプレー
2.守備力



<strong>1.遊びのあるプレー</strong>
名波の凄いところって、あれだけのテクニック、攻撃センスを維持したまま中盤の底を担える力を身につけたことだと思うんですよ。もともとはトップ下の選手ですからね。意表をつくトラップ、ヒールキック、ラボーナ、フェイント。中村俊輔や小野が持っているようなある種の色気があるんですよね。ピルロやレドンドにあってアルベルティーニやグァルディオラに無いもの。憲剛にあって遠藤にないものでもある。だから、名波はトップ下もやれるが、遠藤がそこをやると厳しい。パスしかないから。ボールを止めて蹴る、しかないから。
ただまあ、元々のタイプが違うので、これは必要ないかも。


<strong>2.守備力</strong>
で、遠藤に必要なのはこっち。
誤解のないように書いておくと、遠藤は決して守備の下手な選手じゃないですよ。でも、それは読みとかポジショニングとか言われるもので、対人守備はさほど強くない。というより、やる気がない(笑)そんなものは橋本とか明神とかにやらせておけば良いと思っているに違いない(笑)


<strong>だぁあーらっしゃい!!!ゴルァ!!</strong>

そんなんじゃダメよと。
名波はもっと能動的だった。
パスで語れる選手だった名波がイタリアにいって1番変わったのはココだと思う。<strong>守備でも語れる選手になってた</strong>。アジアカップ以降のあの獅子奮迅の働きと言ったらもうね・・・。テレビで見てて「うわっ!あぶなっ!」と思った直後に画面外からズッシャアーと飛び込んでくる名波。まるで未来が見えているみたいなプレーだった。
後に名波は語っています。

「イタリアから帰ったら、Jリーグもアジアもスロー再生に見えた」


イタリアでフィジカル全盛の縦ポンサッカーの中にさらされ苦しい時でもめげずに「どうしたら活躍できるか」と考えた結果「考えるスピードをあげる」という結論に至ったらしい。すげぇ・・・。

で、遠藤もその道を進むべきでは?と思うわけです。今から劇的にフィジカルがあがることはないし、キックの精度があがることもない。スピードも同じ。そんな遠藤がこれ以上ガンバに残っても伸びしろは大して残されていないと思う。しかし、頭脳で勝負できる遠藤だからこそ、試合を読む力、シンキングスピードをあげる伸びしろはまだまだ残されているに違いない。そしてそれはガンバというぬるま湯にいたんでは伸びないと思う。イタリアに渡って仮に一年で帰国しても、絶対に得るものはあると思います。まあ、名波にはそれ以外に対談で俊輔が言っていたように不思議と人が集まる人間性もあるのだけど、そればっかりはどうしようもないのでね・・・。


遠藤は名波を越えるポテンシャルがあるんじゃないかなと。左足も使えるし(笑)。イタリアにいけ!!



ただ、もう一人、その資格がある奴がいるんだよね。しかも遠藤より攻撃センスもあって、フィジカルもある。対人守備はかなり強い。憲剛とか阿部とか長谷部の前に試すべきだと思うんだけどなぁ。


小笠原 満男。

最新エントリー







小説書いてます

同じカテゴリの最新エントリー

シェアする

更新情報はSNSで発信しています

Twitter

@kiyonaga_keiji

Facebookページ

センターサークルのその向こう―サッカー小説―Facebookページ

コメント