センターサークルのその向こう-サッカー小説-

パブーでまとめ読み
  1. HOME
  2. 連載作品
  3. サッカーコラム
  4. 高校サッカー神奈川県予選を観に行くんだぜ。

サッカーコラム

高校サッカー神奈川県予選を観に行くんだぜ。

ご存知冬の風物詩、全国高校サッカー選手権大会。
毎年、神奈川代表を応援に行ってます。
特定のクラブのサポーターではない僕にとって、サッカーの最大の魅力である「勝った負けたの悲喜こもごも」を楽しめるのは日本代表だけです。

そんな中、一発死(トーナメント)、高校生の感動がプラスされて神奈川県民として応援できるのが高校サッカー。しかし、基本的には見ず知らずの選手達。雑誌で特集を組まれ、注目選手として取り上げられればその選手の顔と名前は覚えますが、何人もピックアップされるわけじゃないし、全国区の選手がそうそう出て来るわけでもない(=一人も大きくピックアップされないこともある)。僕が高校サッカーを見だしてから、大会前から全国トップレベルとして注目されていた神奈川の選手は後にも先にもただ一人です。


それでは、なかなか試合に入り込めない。
なので、僕がとった手段は<strong>「県予選から観に行こう」</strong>。
これが、大成功。県予選を準決勝から観戦すれば、計三試合四チームみることができる。神奈川県代表チームにしても全国の前にニ試合も見れる。ニ試合も観ればチーム戦術や中心選手、個々の選手の特徴もつかめる。さすれば、試合展開を読む楽しさも生まれるし、ニ試合みた愛着も生まれる。最も楽しいのは「神奈川で敵陣を切り裂いた彼のドリブルは全国で通用するのか?!」という見方。当然、こちらは通用するという期待を持って見るわけで、彼のドリブルが敵陣サイドをズタズタにした日にゃあ、「見たかモルァ!!!」と<strong>心の中でガッツポーズ</strong>。表明的には小声で「勝負っ、勝負っ、よしっ!」とつぶやいてます(笑)ちょうど、漫画「シュート」で掛川が静岡県予選を突破し、全国大会に出るころの感覚に似ていますね。(掛川はミラクルチーム宜しく、圧勝しますね)

そして、何より白熱するのは、県代表が本当の「代表」として感じられること。
野球でもそうだけど、大概の人は知らぬ間に県代表が決まり「今年は○○高校か~」とかいうのが全国高校スポーツ大会のスタートラインだと思うけど、そんなものは高校スポーツじゃねぇ!(怒)。それはなんだか、とってつけた代表なんですよ。少なくとも僕はそうです。「お~今年は桐蔭ね~」みたいな。ただの、高校生のチーム。でも、本当はそうじゃない。彼らの後ろには300校近い高校がおり、そしてそこには涙を流したサッカー少年達の姿がある。そこを頭で理解すること(=理論的に把握すること)はできても、感情として理解するまでは難しい。それは、やはり当事者レベルにならないとわからない。日本代表がW杯で勝利すれば涙が出るほどうれしいけど、それはやはりこれまでの歴史や苦しい予選を勝ち抜いてきた姿を観てきたから。一緒に戦ってきたから。だから、他の国にはそこまで入れ込めないという部分はある。いや、いまは情報がたくさん入ってくるので無理ではないんですが。

同じように、神奈川県予選を観にいくわけです。
準決勝から観れば3試合4チームと前述ですが、それはパッと集められた4チームでも、単なる友好リーグでの3試合でもない。全員が全国を目指し、そのためだけに日々の遊びなどを捨ててサッカーに打ち込んだ青年達の戦い。どんなに死に物狂いで練習して頑張ったって、結局最後に笑っていられるのは1チームだけなのに、彼らはそこに挑む。一試合でも、一瞬でも多く、素敵な仲間達と同じピッチに立てるように、ドリブルをし、パスをし、身体を張って相手を止める。負ければ、そこで解散のチームにおいて、「死」や「終わり」というものを背中に抱えながら勇敢に戦い、ピッチを走り、声を出すのです。神奈川の場合、全国有数の高校数を誇るため準決勝以前にもそれこそ無数の試合、高校がいるわけで本来ならそこから見れば良いのかもしれないのですが、それはやはり難しい。でも、そこを勝ち上がってきた4チームの試合を観て、そして他3チームの屍から出た涙を受け取って来た神奈川県代表は、本当に「神奈川県の代表」になるんです。それはもう、ある意味日本代表と同じ目線。

そんな「代表」がたくさんのものを背負って、全国の舞台でまた「別れ」や「終わり」を否定することに挑み続けるその姿は、やはり感動します。勝った日にゃあ物凄くうれしいし、負けた日にゃあ涙も出るってもんです。

で、今年は、そんな神奈川県予選と準決勝より前から観にいこうかなと。
先月からずーっと追ってます。

http://www.kanagawa-fa.gr.jp/h_school/senshu2009.htm

三回戦あたりから観にいこうかなと思ったんですが、
さすがに青葉区や湘南台はかったるいし、朝早いし、たくさんみれないし(笑)
でも、準々決勝は保土ヶ谷!!!近い!!!!
しかも、昨年優勝の桐光学園がとうとう出てくる。
これは観にいくべ!!!
どうなんだ?!入場料はかかるんだろうか?!(笑)

というわけで、11月1日に観にいきます。
その後の準決勝も観にいくとおもいまする。
いやー楽しみ楽しみ。


あそうそう。
僕が高校サッカーを見だしてから、大会前から全国トップレベルとして注目されていたただ一人の神奈川の選手とは。
現日本代表10番の左利きです。

最新エントリー







小説書いてます

同じカテゴリの最新エントリー

シェアする

更新情報はSNSで発信しています

Twitter

@kiyonaga_keiji

Facebookページ

センターサークルのその向こう―サッカー小説―Facebookページ

コメント