センターサークルのその向こう-サッカー小説-

パブーでまとめ読み
  1. HOME
  2. 連載作品
  3. サッカーコラム
  4. ウイイレジュビロ大変なの。

サッカーコラム

ウイイレジュビロ大変なの。

ベルマーレで世界一とって、若手も成長しまくって戦力飽和状態になり、税リーグJリーグ相手じゃ相手にならなくなってしまったのでやめて、ジュビロを使って新たに始めました。今度はこういう概要。

・基本的にはジュビロ在籍経験のある選手を獲得する
・例外は2~3人で、超絶能力のあるようなヤシは却下
・舞台は世界リーグ

舞台は世界リーグ?ああ?っておもうでしょう。(思ってお願いだから思って)
各国のリーグの上位クラスを集めたオリジナルのリーグです。
要するに、バルセロナ、Rマドリード、バレンシア、ACミラン、インテル、ユベントス、ローマ、フィオレンティーナ、マンチェスターU、チェルシー、リバプール、ミドルスブラ、マルセイユ、セルティック、ボルトンWなどなど・・・。

こんなところにJチームが入ったらたぶん過労でぶっ倒れるであろうリーグですw

ちなみにD2(2部リーグ)はJリーグにしてあります。差が激しいw

さて、ジュビロのスタート時のメンバー

 前田 ジウシーニョ
太田         西
山本  大塚
駒野 茶野 那須 加賀
川口

控え:大井、上田、村井、松浦、萬代、鈴木秀人、成岡、カレンロバート、船谷、山崎
 












よえーよ





っつうか、なんというかこう、このクラブ難しいんですよ。
将来を嘱望され、嘱望されたまま歳とっちゃった人たちの集まりなんですよw
西も太田能力ぜんぜん低いんですよー。
いやー代表候補ってすごいねー(棒読み)。
だって、黄色(80以上)が5~6個ある程度で、あと全部無色!なにそれ!
おかしなことにJ2に降格してしまったジェフの方が要所要所に良い選手が揃っていたり。
えええええええええええええええええええええええええええええええ。
犬の分際で生意気・・・。

で、伸び悩んでいる若手だらけなので萬代、松浦、船谷、上田、成岡など、育てればモノになるようななんないような結局どっちなのかわからないという輩がいっぱいいるから、切るに切れないんですよw もうーどうしたらいいのよー。

と、嘆いていても仕方ないので、とりあえず一人補強。
誰かって?


愚問ですよ


名波大先生に決まってるじゃないですか


っていうかそもそも名波を使いたいからこそジュビロを選んだのだし。
で、その名波先生が「徳を俺の弟子にしてやる」て言ってたので(言ってない)、天才MFのワテクシも補強。ベルマーレの時よりもっと能力下げてます。もはやテクニックとパスセンスだけの並みのMFw

そして、スタメンを変更。

     前田
村井  ワテクシ  ジウシーニョ
名波  大塚
駒野 茶野 那須 加賀

※ヨシカツは面倒だから省いたw


目指すはJリーグ史上最強とうたわれた4人のMFの中心に名波をおく「N-Box」の再現。
しかし、あのシステムは3-5-2で、奥とか藤田が外に開いたり中に絞ったりが絶妙だったからいけたわけで、人工知能で動く選手にそんなことできない。そうすると、普通の3-5-2になるか、妙に絞りまくってサイドに選手がいなくなるか、なので、変えた。サイドバックをおいてサイドからも攻撃できるようにしつつ、二列目の両サイドはどちらもOH適正でやってます。そうすると中に絞ったり外に開いたりしてくれる。

これで10試合ぐらいやりましたかね。
勝てないことはないんだけど、きつい。
やっぱり弱い。ガンバとかアントラーズとやると難しい。
パスはつなげるんだが、つなげるだけでぜんぜん得点のかおりがしない。
なんでなのかじっくり考えてみると、やっぱり1トップで前田に頼りっきりで前田自身が良い形でボールをもらえてない。そりゃ、点取れないわなー。でなおかつ天才MFwの僕もこれはST(セカンドトップ)にしてるんだけど、スピードもない、ボディもないでは、得点はあまり望めない。テクニックとドリブルとパスでファンタジスタ的なアクセント付けが仕事になる。っていうかそもそもボランチが適正ポジションになるような能力なのだからこのポジション合ってないんだけど。しかしそこには名波がいるし(じゃあとるなよw)。

で、そう考えた結果、有望なのか雑魚なのかわからない若手も抱えていることだし、たぶん松浦とか山崎(亮平:元高校選手権得点王?だったか?)なんかはきっと伸びるのでおいそれと彼らの成長を阻害する選手をとるわけにもいかない(ムツカシイ・・・)。では現有戦力でバランスを崩すことなくもっと良い形で前田にボールを触らせるには?と考えた結果、それはゴール前まで押し込まれていることが多い守備を中盤でガッツリとめて、ボールを奪い、そこから攻撃を構築することかと。

というわけで、スタメン変更。
     前田
村井  ワテクシ  ジウシーニョ
名波  那須
上田 茶野 加賀 駒野 



ボール奪取能力の高い那須をボランチにあげました。
ガッツガツボール奪ってくれます。
で、あいたCBの位置には若手でスピードがある加賀を移動。
加賀がいた右SBには駒野を。
駒野がいた左SBには名波2世といわれる(いやまてそれはワテクシだ)上田を。
上田は、若手でも確実に伸びると思われるので、多少厳しいけど成長を見込んで抜擢。

これでかなり戦えるようになりましたが、まだ苦しい。
やはり戦力的には上位に入れるクラブじゃないんですね。
戦力的に苦しいのであれば、より良い状態でボールを持って勝負すればいい。イーブンボールを競るから能力に正直な結果が出てしまうわけで、一歩早く動き、良い形でボールを保持して能力を最大限に発揮すれば、相手を崩せる。そのためにはどうしたら良いかというと、ともかく走るしかない。走って走って、スペースを生み出す→使う→スペースを生み出す→使うの連続によって相手にギャップを生み出し、こちらの選手が良い形でボールを持つようにする。

で、Jリーグ乗り切りました。
しかし2位。
アントラーズにどうしても勝てなかったよ・・・orz
つよすぎんだよ!w

そしてD1(一部リーグ)に晴れて昇格(もう1シーズンぐらいD2で戦っても良かったかもと思うのだが・・・)。
でもねー、Jリーグでぶっちぎりで優勝できない奴があんな化け物みたいなクラブにまざってまともに戦えるとは到底思えない。というわけで、もう仕方なく補強しました。でも、ベラボーに強いヤシはとらないよ。

というわけで下記二人の選手を獲得
・前園 真聖
・岩本 輝雄 


いいっしょ?




どちらも、世界で戦えるほどの力はありませんw
アントラーズの選手の方が能力高いですw
前園はやっぱりトップ下(セカンドトップ)での得点力増加を狙って。
岩本は、左サイドで強烈なロングキックを発揮してほしいから。
そんなわけでスタメン変更。

     前田
岩本  前園  ジウシーニョ
名波  那須
上田 大井 加賀 駒野


ワテクシがベンチウォーマーになってしまったが気にしない(泣)

これで一年戦いました。
結果は3位。
なんと!チャンピオンズリーグ出場権獲得!
絶対まだ早い!w
ま、チャンピオンズリーグの方が相手弱いんだけどね。

初めは苦戦につぐ苦戦。
ぜんぜん勝てなくて、ずっと10位あたりをさまよってましたねぇ。
そこからどうやって這い上がったのか。
回答は、気合いですw

いやいやいやw
正確にはオシムよろしく「考えて走る」ですね。
Jリーグ時代よりもっともっと走り、サイドバックの位置を上げて、そして集中して次の展開を読んで読んで読んで、パス一本から意味を考えるような感じ。疲れるw そして、DFラインをぎりぎりまであげてオフサイドトラップをかけなければ戦えないので、裏を取られたり、DFラインをドリブルでスコーンて抜かれたらアウト。もう追いつけません。
また、オシムサッカーに誓いのですが、守備における大事な「一人一殺」ができない。だから厳しい。常に走り続け、ともかく人海戦術で囲み、コースを限定してボールをかすめとるしかない。

要するにずっとテンション維持しまくって、考えまくらなきゃいけないってコト。



オシムさん、つらいよ


いま、3年目です。
D1、2年目です。
折り返し13位ですw

でも、なんとか巻き返して6位まで持ってきました。
1位との勝ち点差10。
そう、実力伯仲過ぎて1位でも負けまくるんですよwww
凄いでしょwww

現在のスタメン
     前田
岩本  前園  松浦
名波  那須
上田 大井 加賀 駒野

”使える”控え:上田、成岡、萬代、山崎、ワテクシ


そう、若手がやっと伸びてきました。
上田、山崎は読みどおり。
萬代は意外にも伸びた。

しかし、相手はバルセロナにチェルシー。
ちょっとのびたぐらいじゃとても追いつかないwww

さてー、次の手をうたねば。
あーたのしいw


最新エントリー







小説書いてます

同じカテゴリの最新エントリー

シェアする

更新情報はSNSで発信しています

Twitter

@kiyonaga_keiji

Facebookページ

センターサークルのその向こう―サッカー小説―Facebookページ

コメント