センターサークルのその向こう-サッカー小説-

パブーでまとめ読み
  1. HOME
  2. 連載作品
  3. サッカーコラム
  4. 高校サッカー選手権大会 神奈川県予選 準決勝

サッカーコラム

高校サッカー選手権大会 神奈川県予選 準決勝

高校サッカーの県予選準決勝を観戦に行って来ました。
(写真取れば良かった・・・)

というか、実はベスト32から観に行ってるんですけどね。
ベスト32の逗葉vs厚木北からです。
名門である逗葉が勝つのかなと思っていたのですが、なかなかどうして厚木北が強かったです。

で、その厚木北が出るベスト16を観戦に湘南高校へ行き、2試合を観戦。
えーと、藤沢清流vs相洋(藤沢清流が勝利)とそして
三浦学苑vs厚木北(三浦学苑が勝利)。

ベスト8は保土ヶ谷公園にて。
藤沢清流vs桐光学園と座間vs向上。
どちらもなかなか良いカードでした。

桐光学園はやはり横綱。正直、レベルが違いました。
とくに10番の佐野選手。後半に運動量が落ちてしまったのは残念でしたが、テクニック、スピード、フィジカルの総合力で行けば、じゅうぶんにプロで通用するのでは?と思いました。


座間vs向上も素晴らしい試合。
とくに、座間の異常なほど高いDFラインとプレッシング。
座間の勝利に終わりますが、向上高校の技術を封じ込んだ組織戦術には驚きました。


で、その二校が戦う準決勝。
めちゃくちゃ楽しみでした。事実上の決勝戦では?と思ったぐらい。 

試合は予想通り、タレントを揃える桐光学園を座間がプレッシングで封じ込める展開。
しかし、桐光学園の選手はプレスに負けないほどの足元の技術とフィジカルがあり、かといって簡単に突破できるほど座間のプレスは弱くなかった。サッカーマニア好みの、長所を潰し合いガチガチのサッカーの中で、時にショートカウンターが発動するという、プロ顔負けの試合でした。

この試合も、桐光学園10番の佐野選手は力を見せてはいましたが、座間のプレッシングがきつくて、そもそもボールがなかなかまわってこない(個人的にはもう少し中盤あたりで動いてくれるとボールがまわってくると思うのですが)。いやぁ、座間の組織戦術、攻撃的な守備も見事だし、それに封じ込められない桐光学園のタレントも素晴らしい。

試合は結局、その佐野選手の1バウンドしたクロスボールぎみのFKが直接入って、その1点で勝敗が決まりました。おそらく、彼は雨を見越して、ゴール前で1バウンドさせたのだと思います(直接きいたわけではないですけど)。

座間も、あと一歩!
最後のCKなんかもう鳥肌モノでした。
あれが入らなければもう仕方ないし、ちょっと運が向いていればゴールを割っていたと思います。
ほんとうに本当に素晴らしい試合でした。

このあとの三浦学苑vs東も面白かったですが、普通の高校サッカーを見たという感じに対して、ここまでハイレベルなものを高校サッカーの準決勝というトーナメントで見られたのは本当に嬉しかったです。

個人的には、このカードを決勝戦で見たかったですね。
そして、全チームの総合力を見るかぎり、やはり全国で戦えるのは桐光学園だと思います。

10番の佐野選手が全国で暴れるのを見たいですね。
まずは、県予選決勝戦。
楽しみです。

最新エントリー







小説書いてます

同じカテゴリの最新エントリー

シェアする

更新情報はSNSで発信しています

Twitter

@kiyonaga_keiji

Facebookページ

センターサークルのその向こう―サッカー小説―Facebookページ

コメント