センターサークルのその向こう-サッカー小説-

パブーでまとめ読み
  1. HOME
  2. 連載作品
  3. コラム
  4. 自殺は立派な「人殺し」だ。

コラム

自殺は立派な「人殺し」だ。

毎度毎度だが、また「ワイドナショー」でのダウンタウン松本人志の発言が物議を醸しているらしい。

読む限りまったく否定するところが無いのだが、ブコメを見るとそうでもないようだ

自殺をするとどうも「かわいそうだったね」という論調で支配される傾向にある。僕はそれがあまり好きではないというか、はっきり言って良くない傾向だと思っている。

最新エントリー






そもそも、事前では「自殺は良くない」と多くの人が言っているくせに、どうして自殺した後はその本人の責任を追及しないのだろうか。だって「良くないこと」をしたのだから「ダメだろ」って怒られるのが話の筋というものでは?そうしないと自殺したもん勝ちになっちゃうでしょ。

そして、自殺は立派な「人殺し」だということをもっと大人が認識すべきだ。人殺しというと普通は他殺のことをさすが、ただ、字面だけを追えば"自分"という「人」を「殺し」ているのだから、人殺しに違いは無い。

だったら、自殺だって他殺と同じ罰を与えるべきだろう。

いや、厳密には「同じ罰」というのは良くないのだろうが、「準ずる罰を与える」は全くおかしくないと思う。

まず、そもそもなぜ「人殺し(他殺)」がいけないのかということを考えてみると、大雑把にいえば以下の三つになるだろうか。

  • 命を軽んじてはいけない
  • 本人が(生きたいと思っていたのに命を絶たれ)悲しむから
  • 本人の周りの人が、大切な人がいなくなって悲しむから

こういう風に並べてみるとわかるが、3つのうち2つは自殺にも当てはまる。当てはまらないのは「本人が悲しむから」だけで、命を軽んじていることに違いは無いし、周りの大切な人が、大切な人を失って悲しむことにかわりはない。それは自殺でも他殺でも同じだろう。

なんていう話をすると「自殺する人はそれだけ余裕が無かったんだよ」とか「SOSすら出せない状況にあるんだよ」とか言うんだが、そんなあなたは他殺者のすべてに事情が無いとでも思うのか?あるだろうよ、だいたいは。夫がDVだったのかもしれないし、大切な人を間接的に死に追いやった相手を殺してしまったのかもしれない。もちろん身勝手な快楽殺人者もいるだろうが、それは自殺者にだっているだろう

僕は「自殺する奴なんてダメ人間だ」といいたいわけじゃない。
無論、「すべて自殺する奴が悪い」なんていうつもりもない。自殺してしまうには、その結末に到ってしまうにはそれぞれに原因が、問題があるのだろうことは容易に想像がつくし、ただただ自殺者を責めるだけで問題が解決しないことなんて百も承知だ。

しかし、ダメなものはダメなんだ。

人殺し(他殺)をしてしまう人にだって借金苦、怨恨、大切な誰かを守るため仕方なく、いろいろと理由はあるのかもしれない。でも、どんなに相手が悪くとも、どんなに自分がつらくとも誰かを殺してはいけないんだ。とにかくだめなんだ。人を殺してはいけないんだ。

人殺し(他殺)だって、ただただ犯人を血祭りにあげるだけで問題が解決するわけではない。そこに至ってしまった理由はきっとあるし、それはたぶん一つだけではない。周りの人が、環境が、社会が変わらなければいけないのだろう。でも、だからといって「人を殺してしまいましたね、辛かったね・・・」とはならない。

自殺だって、同じで良いと思う。

死んだらいけないんだ。自殺は人殺しなんだ。人は殺しちゃいけないんだ。人を殺した奴が一番悪いんだ。

もともと、人が人を殺してはいけない理由なんかない。法律がそうなっているだけだ。そしてその法律はなぜあるかというと、いまはそれがこの国の多くの人にとって幸福だからだ。時代が違えば大量殺人者でも奉られることさえある。戦国時代や戦争の時代がそうであったように。

だったら、自殺だってそれでいい。
いまは、人を殺してはいけない世界にみんな生きている。
他人を殺してはいけないということをルールとし、それがみんなの幸せにつながるというのなら、自分だって殺しちゃいけない。人殺しなんだから。

死んだらいけないんだ。自殺は人殺しなんだ。人は殺しちゃいけないんだ。人を殺した奴が一番悪いんだ。


小説書いてます

同じカテゴリの最新エントリー

シェアする

更新情報はSNSで発信しています

Twitter

@kiyonaga_keiji

Facebookページ

センターサークルのその向こう―サッカー小説―Facebookページ

コメント