センターサークルのその向こう-サッカー小説-

パブーでまとめ読み
  1. HOME
  2. 連載作品
  3. コラム
  4. 「サッカーコラム」アーカイブ

「サッカーコラム」アーカイブ

コラム

コラム記事

テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト

テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト

テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120703/scr12070318020001-n1.htm 
現役引退を表明したサッカー元日本代表MF藤田俊哉(40)が3日、都内で会見を開き、今後はオランダで指導者の道を歩む意向を明らかにした。日本協会の公認S級ライセンス取得後、来夏から日本代表DF吉田麻也が所属する同国1部リーグのVVVフェンロで新たなキャリアをスタートさせる。  

これはまた驚きました。
てっきり名波のようにしばらくは解説者に落ち着いて、ジュビロのアドバイザーにでもなるんだとばかり・・・。

いや、しかしタイプ的に名波のように思慮深いタイプでもなく、感覚肌な選手なので解説者向きではないのかもしれませんね。そして、ついにこの時が来たかと思いました。選手の欧州挑戦が当り前になってきて、マンチェスターUに行くような選手まで出てくるこの時代、監督だって欧州で活躍してほしいなと思っていました。その一番手は岡田武史監督だと思っていたのですが、まさか藤田俊哉がそこに挑むとは。

名波と、どちらが先にジュビロの監督になるんでしょうね。
サッカー観が似ている2人ですから、どちらかが監督、どちらかがヘッドコーチなんてのも良いかなと思います。
(上下関係的にうまくいかない気もしますがw)




http://www.sanspo.com/soccer/news/20120628/jle12062805030002-n1.html 

 J1磐田などで活躍した元日本代表MFで、昨季はJ2千葉でプレーした藤田俊哉(40)が27日、現役引退を表明した。7月3日に記者会見を開く予定。

 静岡県出身の藤田は清水商高、筑波大を経て1994年に磐田入り。3度のリーグ優勝などに貢献した。2001年にはJリーグ最優秀選手賞に輝き、ベストイレブンには3度選出された。

 03年にはオランダリーグのユトレヒトでプレー。日本復帰後はJ1名古屋やJ2熊本にも在籍し、昨季限りで千葉を退団していた。J1通算は419試合出場で100ゴール。日本代表では国際Aマッチ24試合出場で3得点を挙げた。


切ないですね。
名波を教祖と崇める自分にとって、そのパートナーだった藤田は、思い入れのある選手の一人です。

小野伸二も、中村俊輔も、中田英寿も、小笠原満男も、みんな好きでした。
中村憲剛も、本田圭佑も、遠藤保仁も、みんな好きです。
でも、藤田俊哉には、彼らにはない魅力があったんですよね。
何よりもその得点力。本田や中村俊輔にだって得点力はありますが、藤田の持つそれは異質のものだと思います。中盤の点取り屋といって差し支えないほどの得点感覚。いまもってJリーグのMFの通算得点記録としては藤田がNo.1です。

http://www.j-league.or.jp/data/view.php?d=j1data&g=j1_0&t=t_score&y=2012
 

信じられないですね。
身体が強いわけでもない、物凄くドリブルが上手いわけでもない、スピードがあるわけでもない、FKが上手いわけでもない、ミドルシュートが特別上手いわけでもない。そのスルスルっと抜けていく感覚、そして何よりも抜群のサッカーセンス。きっと、本当に「サッカーが上手い」というのは彼のような選手のことをいうのだと思います。

藤田に関しては以前にも書きました。

オシムサッカーを見ていると切なくなる。

最後に、藤田。
この人こそ、日本の宝の持ち腐れのまま現在に至ってしまった選手でしょう。いやあ、ほんと上手い。俊輔や小野のような、足元で球をこねて観客を沸かせるような選手ではない。でも、中盤で動き回り、狭い地域でも苦としないトラップ技術、そして中盤の密集地からスルスルっと抜けて、完璧なトラップからのゴール。年齢的な全盛期だったと思われる時に、代表にこの選手のポジションはなかった。そこには「ファンタジスタ型」の選手が一人入るだけで、他は職人達のポジションしかない。いまもって、この選手を世界に売れなかったのがとてつもなく悲しいです。走りながらのボールコントロールが本当にすばらしい。だから、密集地でも裏をかくプレーができるんでしょうね。森島や加藤望ほどの運動量はなかったけど、それでも日本人が愛してきた"ファンタジスタ"よりは数段上の心肺機能を持っていたと思います。


世が世なら、彼は 中盤の点取り屋として 日本代表でもっともっと活躍していたかもしれません。
それだけが、少し残念です。

藤田選手、お疲れ様でした。
素晴らしいプレーの数々、忘れません。
責任をもって語り継がせてもらいます。










いま、部屋に転がっていたこの本を改めて読んでいます。


名波浩対談集~日本サッカーが勝つためにすべきこと
名波 浩
集英社
売り上げランキング: 282673


その中で、当時FC東京だった今野泰幸(現:G大阪、日本代表)とこんなやり取りがあります。
今野「アントラーズの選手に聞いても、リーグとカップ戦では全然(喜びが)違うって言いますもん」
名波「違うかなぁ・・・・」
※このあと名波は「ああ、ACLは違うかも」という主旨の発言をします
これ、象徴的だなぁと思うんですよね。
大概の選手やクラブはアントラーズと同じ感覚だと思います。
というか、クラブが勝利を目指すことを第一目的としている以上それが自然です。
おそらく強かった時の浦和レッズもそうじゃないでしょうか。

しかし、ジュビロの黄金期を築き、Jリーグ史上最強と謳われる名波はそういう感覚ではないようです。
ここからは推測ですが、あの当時のジュビロは「タイトルが欲しい」「優勝したい」ということが目的ではなく、あくまでも目” 標 ”だったのだろうなと。自分たちの成果をはかる指標として順位やタイトルがあって、その最良な結果が優勝であると。では、目的は何なのかというと「楽しく美しく強いサッカー」を実現、表現する事なのだろうと思います。つまり、勝利するためにサッカーをしているのではなく、楽しくて強いサッカーを実現するためにサッカーをしていて、その結果として勝利があるということなのかと。

だから、名波にとって優勝は「最高の結果」というだけであって、それがリーグなのかカップなのかはそれほど重要ではないのかもしれません。何よりも、楽しいサッカーを表現することこそが最高の喜びであり、目的だったから。確かに、彼らはタイトルの数で当時の鹿島に劣るかもしれませんが、その”語り継がれるほどの強さ”はジュビロにあったと思いますし、何よりも、彼ら自身が楽しそうにサッカーをしていたのを覚えています。

今もって、伝説のイレブンだったんだなと思います。




これはほぼ決まりなんでしょうね。
http://www.soccer-king.jp/news/italy/article/201206221111_morimoto_catania.html 

ノヴァーラとカターニアにより共同保有されていた森本だが、20日に両クラブが話し合った結果、カターニアが買い戻すこととなったという。カターニアから別のクラブへ移籍する可能性はあるものの、新シーズンは古巣で戦うことが濃厚となっている。なお、カターニアは森本の復帰に伴いGKトマシュ・コシツキをノヴァーラに放出するとのこと。


僕は、久保なきいま、森本こそ日本の大エースにふさわしいと思っています。怪我さえなければ・・・。日本人ストライカーとしてこれほどの才能を持つ男はそうそう現れないと思っていて、なんとか、代表に返り咲いて活躍して欲しいです。

森本については以前に書いています。

森本がいることの素晴らしさを。


今日は代表戦。森本に期待。

いや、本当にあのワンプレーはそれぐらい凄いんですよ。たぶん、森本が大久保や玉田と比べて足が速いかというとそんなに変わらないはずです。いや、もしかしたら50メートル走をしたら大久保や玉田の方が速いんじゃないかと思います。しかし、反射神経+三歩ダッシュをさせたらきっと森本の方が速いんだろうと思います。サッカーにおいて、そしてことFWにおいてはこれが大変重要。ほんのコンマ数秒の差なんですが、それだけで局面が大きく変わる。FWが仕事をするPA内というのは、ピッチ上で最もスペースがないところ。まあ、そりゃゴール前なんだから当たり前。その狭いスペースの中でタイミングをつくって、シュートまで持っていかなきゃいけないんだから大変。

すると、当然DFが邪魔をするのだけど、たとえばそれがコンマ何秒かDFより早く動けたら?そこには、ほんのわずかかもしれないけどスペースが生まれるんですよ。そのコンマ何秒が遅れたらシュートが打てない。例えば、ボクシングなんかで密着(クリンチ)されたら、強いパンチ打てないですよね。その時、一瞬、コンマ何秒か敵が密着する前に動けたら、パンチが打てたら、ダメージを与えられる。ほんのコンマ何秒か遅れるだけで、密着されてパンチが打てなくなる。


素晴らしいです。
狡猾に裏に抜けるスピードとセンスがありながら足元も悪くないし身体も弱くない。(怪我はする・・・)

ブラジル大会のエースストライカーとして期待しています。