センターサークルのその向こう-サッカー小説-

パブーでまとめ読み
  1. HOME
  2. 連載作品
  3. 「サッカーコラム」アーカイブ

「サッカーコラム」アーカイブ

ハリル解任に関して、さすがにこんな頭の悪い文章が評価されるのはいかがなものか、と思い改めて記事にしてみた。

件の記事はこれだ。

サッカー協会会長の発言を解読してみた【NHK生出演】|中村慎太郎|note

先日「発狂記事」を書いた中村です。 ハリルホジッチ解任でサッカークラスタが発狂している理由 NHKに田嶋会長が出演し、ハリルホジッチ監督の解任理由を語っていました。どういう意味だか解読できないという声がネット上に渦巻いていたので、とりあえず文字起こししてみます(職業病)。 一字一句を間違えずに起こすと理解しづらいので、多少は文語に寄せていますが、会話文のニュアンスは大体残すことにしています。

その前にバズった記事もなぜか自分の意見を「サッカークラスタの大半」という形で書いており、やれやれと思っていたのだが、さすがにこの記事はひどい。自分の意見をさも冷静で中立な意見かのように書いていて、ひどいマスコミのようだ。

はじめに僕自身の(ハリル解任に対する)見解を明らかにしておくが

  • このタイミングで監督解任することが最善だとは思っていない(自分に選択権があるならやらない)
  • しかしハリル解任を判断した協会を完全悪だとは思っていない
  • どちらの意見にもそれなりに賛同できるほどには、どちらが正しいとも思っていない。

これが僕の見解だ。つまり、ハリル解任容認派に入るが、かといって全面的にそれが正しいとも思っていない。
その前提で続きを読んで欲しい。
本文とは直接関係ないが、もし僕個人の意見が気になるならひとつ前の記事を読んでもらえればと思う。





あろうことか、ハリルホジッチがこのタイミングで解任されてしまった。大変驚いた。

個人的には、ハリルホジッチのサッカーには否定的だったが、しかしさすがにこのタイミングで解任をするほどでもないだろうと思っている。

しかし、ネットでの反応やコラムを読んでいるとどうも違和感がある。端的に言うと論点がズレているように見える

ネット上での反応を見ていると概ねこのようなものだろうか。

  • 予選を1位通過した監督を切るのはおかしい
  • なぜいま解任するんだ(タイミングが違う)
  • 本番での結果が無いので分析ができなくなる
  • 長期的なプランを持ち、ブレずに継続させなければならない

飲み屋でかわす愚痴ならばわかるが、議論の論点としてはぜんぶズレてるとしか思えない。

平山相太が引退を表明した。

平山相太、32歳で現役引退「度重なるケガのため...」古巣FC東京への思いも吐露 | Goal.com

ベガルタ仙台が26日、FW平山相太の現役引退を発表した。

シーズン終盤や終了直後ではなく、もう開幕まで一ヶ月というこのタイミングでの発表に驚いたがこのニュースによると、昨年末に契約更新までしていたらしい。

体力的な限界が来ていたり、もしくは契約先が見つからずに引退というならわかるが、クラブ側に契約の意思があり実際に更新したにも関わらず引退をするというのは、なんとも平山らしいといえば平山らしい。何が何でもサッカー選手でいたい、と思うほどの強い意志が無かったということだろう(それを批判したいわけではない)。そういう意味では、やはり平山は性格がFW向きではなかったのかもしれない。

そして、その性格的な部分をのぞけば、平山の引退によって一つの結論が出されたように思う。

おそらく、日本サッカーは長身ストライカを育てることができない。

深津さんという人ががこんなことを書いているのだが。

セクハラの構造問題が議論されるべきなのに、被害者同士の殴り合いで発散していく地獄|深津 貴之 (fladdict)|note

日本の#MeTooムーブメントが、妙な方向にドリフトし始めて、ちょっと残念な展開に。 はあちゅうさんの勇気あるセクハラ被害の告白で、日本の大企業の裏にあるセクハラ問題の闇についにメスが!...と思いきや、議論は思わぬ方向へ。はあちゅうさんの過去の言動が原因で、童貞炎上が発生し、大企業そっちのけで、はあちゅうさんに逆流する地獄絵図。 ...

完全に賛同するかと言われるとちょっと難しいが、個人的な感情としては概ね「そうだよなぁ」と思っていたら、ブコメで批判されまくってて笑ってしまった。

はてなブックマーク

深津さんの言っていることが正しいかどうか以前に、まるで議論がかみ合ってないというか反論が反論になってない・・・と思うので、深津さんの話を別の話に例えてみる。わかりやすくするために。

CS決勝第1戦のPKが波紋を呼んでいる。

評価としては真っ二つで、PK肯定派と否定派の主張は概ね以下のようなところかと思う。

  • 【否定派】ポジション取りをしていた中であの程度の当たりをPKにするのはおかしい
  • 【肯定派】「ボールにチャレンジしていない」という点でルール通りであり、その点において強く当たっているのだからPKは妥当

一見すると、ルールブックに則っている肯定派の方が正しいように見える。

========
2016/08/16
なんかまたやらかしてくれてるみたいなので(笑)
末尾にさらに追記しました。
すごい人だなぁ・・・。
====================

====================
2016/08/17 また追記しました
====================

いやぁ、びっくりした。
足立恒雄さんという数学者の人が、「サッカー(とゴルフ)は五輪で結果出てない。それは弱いくせに低レベルなプロでも金もらえるから」とかTwitterで言い出す→ツイート削除→批判したサッカーファンをバカにして「仕方なく削除しました」とかいうなんとも笑ってしまう行動をとってくれてて草はえる。

足立恒雄のページ
※一応の魚拓

以下、一部を引用。

オリンピックでのサッカーやゴルフの散々な結果を見ると、これらの日本のプロスポーツが如何に低レベルであるかがよく分かる。世界の水準からは遠くても結構な収入が得られ、世間から甘やかされるからこういうザマになるのである。金にならないマイナースポーツのひたむきさを見習うべきだろう。

なかなか面白いことをおっしゃる。

いやまあ、バカじゃねーのかとしか思えないが(そういう意味で面白い)

キリンカップの日本代表メンバーが発表された。
【GK】
西川周作
東口順昭
川島永嗣

【DF】
酒井宏樹
酒井高徳
長友佑都
槙野智章
吉田麻也
森重真人
昌子源 
丸山祐市

【MF】
長谷部誠
柏木陽介
遠藤航 
香川真司
清武弘嗣
大島僚太
小林祐希

【FW】
本田圭佑
小林悠
宇佐美貴史
原口元気
岡崎慎司
金崎夢生
浅野拓磨

そもそも日本サッカーは低迷しているのか?とか、日本が組織力で戦っているのなんて今に始まったことじゃないんだけどね(もう20年以上)とか、ツッコミどころは多いのだが、今回はそこは置いておく。論点がブレるので。

とりあえず一つ言えるのは、この20年、いや、それ以上のスパンで見るならば日本サッカーは世界でも稀に見る飛躍的な進歩を遂げた国で、低迷というのは当てはまらないと思う。

早いもので、ブラジルW杯から2年の月日が経とうとしている。

我らが日本代表は現在、ロシアW杯に向けて順調に予選を勝ち上がり、9月から最終予選に臨む。きっと今回も無事に出場権を獲得してくれると信じて疑わないわけだが、そんなちょうど"ブラジルとロシアの真ん中"のいま、この本を読んだ。

残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日
飯尾 篤史
講談社
売り上げランキング: 10,082