センターサークルのその向こう-サッカー小説-

パブーでまとめ読み
  1. HOME
  2. 連載作品
  3. サッカーコラム
  4. 「日本代表関連」アーカイブ

「日本代表関連」アーカイブ

CS決勝第1戦のPKが波紋を呼んでいる。

評価としては真っ二つで、PK肯定派と否定派の主張は概ね以下のようなところかと思う。

  • 【否定派】ポジション取りをしていた中であの程度の当たりをPKにするのはおかしい
  • 【肯定派】「ボールにチャレンジしていない」という点でルール通りであり、その点において強く当たっているのだからPKは妥当

一見すると、ルールブックに則っている肯定派の方が正しいように見える。

========
2016/08/16
なんかまたやらかしてくれてるみたいなので(笑)
末尾にさらに追記しました。
すごい人だなぁ・・・。
====================

====================
2016/08/17 また追記しました
====================

いやぁ、びっくりした。
足立恒雄さんという数学者の人が、「サッカー(とゴルフ)は五輪で結果出てない。それは弱いくせに低レベルなプロでも金もらえるから」とかTwitterで言い出す→ツイート削除→批判したサッカーファンをバカにして「仕方なく削除しました」とかいうなんとも笑ってしまう行動をとってくれてて草はえる。

足立恒雄のページ
※一応の魚拓

以下、一部を引用。

オリンピックでのサッカーやゴルフの散々な結果を見ると、これらの日本のプロスポーツが如何に低レベルであるかがよく分かる。世界の水準からは遠くても結構な収入が得られ、世間から甘やかされるからこういうザマになるのである。金にならないマイナースポーツのひたむきさを見習うべきだろう。

なかなか面白いことをおっしゃる。

いやまあ、バカじゃねーのかとしか思えないが(そういう意味で面白い)

キリンカップの日本代表メンバーが発表された。
【GK】
西川周作
東口順昭
川島永嗣

【DF】
酒井宏樹
酒井高徳
長友佑都
槙野智章
吉田麻也
森重真人
昌子源 
丸山祐市

【MF】
長谷部誠
柏木陽介
遠藤航 
香川真司
清武弘嗣
大島僚太
小林祐希

【FW】
本田圭佑
小林悠
宇佐美貴史
原口元気
岡崎慎司
金崎夢生
浅野拓磨

そもそも日本サッカーは低迷しているのか?とか、日本が組織力で戦っているのなんて今に始まったことじゃないんだけどね(もう20年以上)とか、ツッコミどころは多いのだが、今回はそこは置いておく。論点がブレるので。

とりあえず一つ言えるのは、この20年、いや、それ以上のスパンで見るならば日本サッカーは世界でも稀に見る飛躍的な進歩を遂げた国で、低迷というのは当てはまらないと思う。

早いもので、ブラジルW杯から2年の月日が経とうとしている。

我らが日本代表は現在、ロシアW杯に向けて順調に予選を勝ち上がり、9月から最終予選に臨む。きっと今回も無事に出場権を獲得してくれると信じて疑わないわけだが、そんなちょうど"ブラジルとロシアの真ん中"のいま、この本を読んだ。

残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日
飯尾 篤史
講談社
売り上げランキング: 10,082





香川がどうやら好調なようだ。

まだ第1次ドルトムント期ほどではないようだが、少なくともマンU時代、その後ドルトムント復帰直後の2014年よりは調子が良さそうに見える。

しかし、それでも物足りないというのが日本サッカーファン、そしてドルトムントサポーターの正直な想いではないだろうか。

個人的には、香川はまだ戻ってきていないと思っている。まだ、僕らの香川真司はどこかにいったままだ。いまでもドイツで黄色の23番をつけているにも関わらず、やはりまだ戻ってきていない。もうこのまま戻ってこないのかもしれない。あの日、イングランドに旅立ったそのときから。

日本代表メンバーが発表された。

■GK
西川周作
東口順昭
林彰洋

■DF
吉田麻也
槙野智章
森重真人
丸山祐市
酒井宏樹
長友佑都
藤春廣輝

■MF
長谷部誠
山口蛍
遠藤航
柏木陽介
香川真司
清武弘嗣

■FW
本田圭佑
南野拓実
原口元気
宇佐美貴史
岡崎慎司
武藤嘉紀
金崎夢生

多くの選手が入れ替わっているが、ハリルホジッチのコメントによると「他の選手にチャンスを与えたい」という意図のようだ。

衝撃的な試合だった。

男子ならいざしらず、女子日本代表が、なでしこジャパンがあのような敗北を喫するなど、幾度の死線を乗り越えてきた彼女達からはさすがに想像もつかなかった。2-5というのはその数字通りの大敗であるし、実際、ピッチ上ではそれだけの力の差があった。いや、正確に言えば「当たりまくっているときのアメリカとは」が前段につく。

だいたい、前回大会の決勝も似たようなものだったとも言える。序盤にガツガツおしこまれ、あわやというシーンを連発されるものの、それを凌ぐことでなでしこは自らの落ち着きと敵国のマインド減退を手に入れ、そこから本当の勝負、という感じだった。それが、今日はアメリカの日だったというだけのことなのかもしれない。

ただ、それほど悲壮感漂う雰囲気が、TV観戦している自分にはなかった。これはおそらく免疫があるからで、2006の対ブラジル、2014の対コロンビアで見てきたからだろうし、サッカーの世界では(も)これこそ「経験という名の歴史」というのだろうと思う。

いやほんと我ながら暴論にもほどがあると思う。思うが、でも、割と本気でそう思っている。というのもこの記事(テレビ局、W杯視聴率に落胆 日本人は試合の日も出勤「甘く見ていた」)を見て、こう思ったんだ。





「ざまあみろ」って。

正直に言って、当然の酬いだろと。

日本代表、グループリーグ敗退が決まる→大炎上「日本の恥」「帰国してすぐ土下座しろ」「睡眠時間返せ」」がかなりシェアされていてそして叩かれている。なぜこれが叩かれるのかわからないというか、べつにこういう人もいていいじゃないかと思うんだが、なんとなく日本全体に「選手を叩くな」みたいな空気があるようにみえて、それに違和感を感じる。

BrAxMdlCUAEAk_4.jpg

このツイートの画像もかなりシェアされている。